医学部 臨床医学血液免疫内科学Hematology and Immunology

JapaneseEnglish

研究室HP

血液疾患(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)とリウマチ膠原病(関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、血管炎症候群など)の診療および基礎研究を行っている。
IgG4関連疾患に関しては日本の中心的な役割を担い、現在も様々な研究を継続している。更にTAFRO症候群という新たな疾患概念の研究でも、厚労省研究班の中心として研究を牽引している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8158 +81-76-218-8158 / FAX: 076-286-9290 +81-76-286-9290 / Email: yasum@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

教授

  • 正木 康史

特任教授

  • 福島 俊洋
  • 川端 浩
  • 岡崎 俊朗

准教授

  • 藤田 義正

講師

  • 河南 崇典
  • 坂井 知之

助教

  • 河南(岩男) 悠
  • 藤本 信乃

主な研究業績

部門別研究業績

  • Satoh-Nakamura T, et al. CD14+ follicular dendritic cells in lymphoid follicles may play a role in the pathogenesis of IgG4-related disease. Biomedical Res (Tokyo) 36(2) 143-153,2015
  • Nakajima A, et al. Decreased expression of innate immunity-related genes in peripheral blood mononuclear cells from patients with IgG4-related disease. PLoS One. 2015 May 14;10(5):e0126582. doi: 10.1371/journal.pone.0126582. eCollection 2015.
  • Masaki Y, et al. IgG4-related disease - Diagnostic methods and therapeutic strategies in Japan- J Clin Exp Hematop 54(2):95-101,2014
  • Masaki Y, et al.Japanese variant of multicentric Castleman's disease associated with serositis and thrombocytopenia- a report of two cases: is TAFRO syndrome (Castleman-Kojima disease) a distinct clinicopathological entity? J Clin Exp Hematop 53(1):79-85,2013
  • KawanamiT, et al. Skewed production of IL-6 and TGFβ by cultured salivary gland epithelial cells from patients with Sjögren's syndrome. PLoS One. 2012;7(10):e45689. doi: 10.1371/journal.pone.0045689. Epub 2012 Oct 30.

主な外部研究資金

  • 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業;平成27年度 厚生労働科学研究費補助金 (難治性疾患等克服研究事業)「TAFRO症候群の確立のための研究」班 (H27-難治等(難)-一般-008)
  • JSPS科研費:基盤研究(C)(一般)(H27~H29)IgG4関連疾患の炎症性単球発現分子および免疫グロブリン対応抗原の同定
  • JSPS科研費:基盤研究(C)(一般)(H27~H29)IgG4関連疾患の炎症の「発生と収束」にかかわる脂質メディエーターと、そのバランス制御
  • JSPS科研費:基盤研究(C)(一般)(H27~H29)プロテオミクスの手法を用いた、IgG4関連疾患特異的に変動するタンパク質群の機能解析